リビドーロゼと筋トレ

リビドーロゼをかけながら筋トレをして気分を高めましょう。

40代以降は意識的に筋トレをする必要がある

   

筋トレを何の為にするかは個々で違うと思います。1つだけ共通してるのは40代以降になれば意識的に筋トレをする必要があるということです。

なぜなら、40代を超えるとどんどん筋力が落ちていくからです。20代や30代と同じ生活をしてると人間の身体は筋力が落ちていくようになっているのです。40代なら間に合うので筋トレをして下さい。特に負荷の強い筋トレをする必要はないです。とにかく筋トレというものをすることです。

20代の筋力を100とすると、60代の筋力は40まで減ってしまいます。上半身は20代筋力の60%を維持できますが、下半身は20代の筋力の40%しか維持できないのです。

つまり、40代以降の筋トレは下半身を中心とした物をするのが理想です。特に現代人は便利な社会に慣れてしまい歩くことをしなくなってますから、現在40代の方が60代になれば歩くのさえ大変になってしまう可能性もあります。

アンチエイジングとして運動をしてる40代以降の方は多いです。しかし、筋トレ不足です。ウォーキングやジョギングやランニングをされてる方は多いですが、有酸素運動だけでは筋力を維持はできないのです。

どんだけ歩いても走っても下半身の筋力はどんどん落ちて行きます。例えば、名古屋の金さん・銀さんというご高齢の有名な女性がいたのを皆さん覚えているかと思います。彼女達はテレビで有名になった時は、散歩するのも出来ない、まもなく寝たきりになりそうだったと言われています。しかし、有名になり、お二人は下半身の筋トレを始めることであんなにもお元気になりお二人ともに自力であるけるようになったらしいです。

寝たきりにならない為には、筋トレは外せないのです。有酸素運動である歩く・走ると同時に無酸素運動である筋トレを取り入れてこそ若さを維持できるのです。

意識的に筋肉に負荷をかける筋トレは人生を豊かにさせるのです。40代ならまだ間に合います。若々しく人生を楽しむには筋トレを少し生活の中に取り入れてみて下さい。きっと行動範囲が広がって楽しくなります。

 - トレーニング