リビドーロゼと筋トレ

リビドーロゼをかけながら筋トレをして気分を高めましょう。

性行為の回数で子供を男女に産み分ける方法

   

子供を男女に産み分ける方法は、性行為の回数で産み分けることができます。

まず、共通して言えることは、自分の排卵日をしっかりと把握している場合です。生理不順の人や、ホルモンバランスの崩れた人は産み分けは難しいと思います。通常の女性で、生理も順調健康な方限定で説明します。まず通常生理は28日を周期でやってきます。

14日目が排卵日になります。この日を狙って性行為を行うと妊娠しやすいのです。しかし何も考えずに性行為を行えばいいってものではありません。まず、男の子がほしい場合を説明します。この場合、男性は禁欲状態にしておいてください。自慰行為も禁止です。

とにかく溜めておくのです。濃いくて元気で新鮮な精子をためておく状態にしておきます。

そして女性は排卵日をきちんと把握しておきます。基礎体温を測っておくと1日だけ体温が下がる日があります。その日が排卵日です。その日に濃厚な性行為を行ってください。回数は1回だけです。絶対に1回しかしてはいけません。

これで男の子ができる可能性が高くなります。そして女の子の場合ですが、逆に自慰行為を数日前から行っておいてください。精子を薄くしておくのです。性行為も何度も行ってもかまいません。できたら、あっさりとした性行為のほうがいいですね。

精子を薄くすることによって女の子の可能性が高くなります。

根拠はありませんが結構みんな成功しています。ぜひ試してみてください。

生理不順の人はまずは婦人科にいき自分の生理の周期を整えておくと産みわけが上手にいきます。本気で男女を産み分けたければ体調を整えて健康になってから行ってください。産みわけは夫婦でするものです。

よく夫婦で話し合い、適当に子供を作らないようにしてください。よく男の子しか生まれないと嘆く母親がいますが真剣に産みわけをすれば成功するはずです。しかし二分の一の確率ですので間違いもあります。あきらめないで、根気よく集中して子作りをしてください。

 - 性生活