リビドーロゼと筋トレ

リビドーロゼをかけながら筋トレをして気分を高めましょう。

冬には夏よりも体臭が気になる場合がある、汗が関係

   

冬には夏よりも体臭が気になる場合があります。臭いの大きな原因には汗が関係しております。

まず、服装について、大概、夏は通気性の良い服を着ますが、寒い季節には、洋服の素材も空気を通さない通気性の悪い服を着こむことで体を冷やさないようにします。

通気性の悪い服装は、雑菌が繁殖しやすい環境ともいえます。

雑菌が繁殖することによって、さらに、冬の服装は、そういった臭いの逃げ道がなくなってしまい、上着を脱いだ時などに一気に流れ出て余計に体臭として感じてしまいます。
また、夏とは逆に、臭い状況が少ないため、冬の方が体臭に気づきやすいということもあります。夏は普段から自分だけではなく、周りの人も臭いを引き起こしているため、自分の臭いだけではなく、周りの臭いもありますが、冬には自分の周辺はあまり臭わないため、急に自分の体臭のにおいがすると、それが際立って気づきやすく、周りにも気づかれやすいということがあります。

そういった臭い対策として、まず、蒸れにくく、臭いがこもりにくい洋服を着ることが大切です。しかし、暖かい服装をしたいときにはなかなか難しいですが、下着や肌着を通気性の良い綿やコットンにすることで改善することができます。さらに、網目の荒い物も通気性がよいため、蒸れを軽減させることができます。また、肌着の素材を汗の吸い取りやすい素材にするというだけでも十分に効果があります。

さらに、過剰な重ね着は余計に汗をかいてしまう原因となります。寒ければ着て、暑ければ脱ぐという当然の動作も、臭いが出ないようにするためには大切です。

それだけではもちろん充分にケアすることはできません。しかし、夏場と同じように消臭スプレーなどでこまめにケアすることも対策につながります。また、過剰に汗をかいてしまったときのためにインナーを取り換えられるようにしておくことも臭いを防ぐことができます。

外出用の上着やコートなども、特に襟首などが臭いやすいため、洗濯やクリーニングに出すこともできないという場合には、消臭スプレーや風通しの良い場所に置くなどの対策をすることも大切です。

また、冬場の汗は、夏とは違いあまり多くないため、べたべたしています。そのため、蒸発しにくく、細菌類が繁殖しやすくなり、さらに塩分が多く残っていることから体臭の原因となってしまいます。普段から運動などで汗をかく習慣を作ることで、徐々に臭いが発生しにくくなります。また、普段からシャワーだけではなく、湯船につかることにも効果があります。

最後に、体臭の原因として、洗浄力の高いボディーソープなどで洗いすぎて、必要な皮脂まで洗い落としてしまい、必要な皮脂が洗い流されることで、逆に皮脂を分泌させる原因となってしまい、臭いの原因となります。その場合は、洗浄力の弱い界面活性剤を使用しない肌にやさしい低刺激のものを選ぶことで、必要な皮脂を洗い流すことなく洗うことができます。

 - 習慣